真空機器は当社へ!真空ポンプの通信販売も運営しております。
製品情報

表面改質装置 CFS-CM

表面改質装置 CFS-CM

CFS処理とは、従来の前処理や表面処理とは全く違い、火炎中に特殊プライマー成分(ケイ素化合物)を微量混合し燃焼反応により、基材表面にナノレベルの酸化ケイ素化合物(密着性向上機能物)を形成する画期的なドライ方式による表面処理システムです。
CFS処理の語源は造語で、火炎を用い化学反応で表面に吹き付ける技術から(Chemycal Flame Spray)ということです。原理の正式な科学的な名称は、燃焼化学気相蒸着法(CCVD)になります。



用途

  1. 水系塗料の利用促進(水系塗料、水系インク、水系接着剤が利用可能)
  2. 接着剤や両面テープによる異種材料への接着・貼り合せ

特長

  1. 既存密着力の底上げ
    既存では不安定な密着力の底上げ効果があります
  2. 難接着性材料への利用
    難接着性材料の利用につながります
  3. 処理表面の親水化
  4. 静電気の低減

仕様

CFS-CMの主な仕様
外形寸法 W1100×D400×H1100m
総重量 150kg
電源 AC200V × Φ3 50HZ × 20A (エアードライヤ含む)
エア供給方式 コンプレッサー方式(ドライヤー標準装備)
供給ガス LPG,LNG
CFS薬液タンク容量 1.3リットル
操作方式 タッチパネル(タッチによる操作、モニタリング可能)バイリンガル対応可能(要ご相談)
ベーパーライザー シングル方式
メインバーナー
火力調整及び薬液
導入調整方法
エアー デジタルマスフロー式 MQV0200 2~200L/min
ガス デジタルマスフロー式 MQV0050 0.2~14L/min
薬液 デジタルマスフロー式 MQV0005 0.04~5L/min
測定精度
(対フルスケール)
エアー 1% (フルスケール 200L/Min)
ガス 1%(フルスケール 14L/Min)
薬液 1%(フルスケール 5L/Min)
火炎検知機構 標準装備
標準バーナー幅 150mm
対応バーナー数 1装置につきバーナー1基

オプション

■塗装ブース ■特殊塗料 ■短軸バーナー搬送機構 ■その他塗装関連機器

サンプリング対応

接着・密着に関するご相談をお受けいたします。
サンプリングの対応も可能です。

Copyrights© 2014 ULVAC EQUIPMENT SALES, Inc. All Rights Reserved.